« ゆめのかたち第128番 | トップページ | オーディオデータ化作業は続く »

2009年2月12日 (木)

クラシックデータのオーディオデータ化

なんだかんだとほっといた自宅の録音環境を一念発起して再構築。
試行錯誤の上、とりあえずお試しで3曲ほど録音してみました。

容量が不安なので、ちと音質を落として 22KHz/64Kbps にしてあります。

|

« ゆめのかたち第128番 | トップページ | オーディオデータ化作業は続く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

さすがに美しいですね。(とりあえずアダージョだけ聞いた)

どんな録音環境にされたのかも興味深いけれど、それ以上にやっぱり音楽への姿勢というか、感動いたしました。

弦が伸びやかですね。

投稿: Jun Yamamoto | 2009年2月15日 (日) 12時23分

残りの二曲も聞きました。(^_^)/

投稿: Jun Yamamoto | 2009年2月15日 (日) 13時19分

時は、ニフティのMIDI Forum全盛時代。
数値入力にハマりにハマってた時期のものですネ。
今となっては、まあよくもこうも莫大な手間をかけて入力してたもんだと、感心するやら呆れるやら....

録音環境は昔とそう変わってませんで、ストリングス系は SC-55mkII、オケ系は SC-88pro を使ってます(写真載せました)。
んで、SONYのDSP-V77をADコンバータ替わりにして、Ego SysのProdigy 192というボードにコアキシャルでぶち込んでます。
ちなみに録音編集ソフトは Sound Forge を使ってます。

投稿: もくりん | 2009年2月15日 (日) 17時57分

もくりんさん、Yamamotoさん、ご無沙汰しております。

グリーグ 実に懐かしいですね。
毎度、共同制作者の名前も書いていただき、ありがとうございます。happy01

DTMの方は、ずーっとやって無くて、環境は今でも、PC-9801UX、レコポ、SC88のまんまですが、まあ、よく動いてるもんです。立派。

また、気が向いたらお邪魔するかもしれませんが、よろしく。

投稿: ラフ | 2009年2月18日 (水) 00時12分

ラフさん、お久しぶり。

昔々のデータ。録音しだしたらハマるハマる(笑)
そいや、こいつの1楽章と3楽章、途中でほおりだしたまんまでしたネ。
まあ、復活の兆しもなさそうですが....

ついでにで申し訳ないんですが、オリジナルのピアノ協奏曲の方に、クレジット入れるの忘れておりました。
追記しましたんで、よろしくです。

投稿: もくりん | 2009年2月18日 (水) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51456/44035351

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックデータのオーディオデータ化:

« ゆめのかたち第128番 | トップページ | オーディオデータ化作業は続く »