« 伊王島大橋、開通間近 | トップページ | ゆめのかたち第258番 »

2011年2月27日 (日)

第13回長崎の演奏家たちコンサート

わけてなで、自作曲をヴァイオリンの藤木修爾氏ともに弾き散らかして参りました。
短い時間(とわゆっても予定よりちょこっとオーバー)でしたが、久しぶりのステージを堪能してまいりました。 演奏させていただいた曲は以下の通り....

Dscf0963 Dscf0973_2 Dscf0979

|

« 伊王島大橋、開通間近 | トップページ | ゆめのかたち第258番 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

...の方が通りがいいかな?

Des dur -> D durってのは、やっぱりばよりんは#系の調の方が都合がいいからかな?

# 開放弦にしてG-D-A-Eだしなぁ。全部半音下げて調律したら、Des durでも比較的楽に演奏できたかもw。という発想は弦楽器の人にはないか。クラリネットは移調楽器だらけですからねぇ。

クラリネットだったら、フレンチ(ベーム)式のBb管はフラット系の調の方が都合がいいので、記譜Es durはそれほど嫌らしくはない(それなりに嫌な音がありますが)。ドイツ式のBb管は何故か逆にシャープ系の調の方が都合がいいので、記譜Es durはかなり面倒です。

投稿: Giovanni | 2011年2月28日 (月) 01時11分

Giovanniさん、ども。

ま、ヴァイオリンのことを考えたらニ長調の方が開放弦も使えるし、響きもいいしで、移調してみたんですが、実際に演奏してみるとなんだかレーガーっぽくなってしまいました。
調の設定って、けっこう難しいですね。

B♭のクラリネットだったら#9個の嬰ニ長調の譜面で....

投稿: もくりん | 2011年3月 1日 (火) 15時52分

こんにちは。

もくりん、先日は楽譜ありがとうございました。HP覗いてみたら、やっぱり素敵な曲ばかりで、昼下がりに聞くにはぴったりでした。
232番、どうやら近々演奏機会があるかも…また連絡させていただきます!
演奏家たち、フレンチNightにも是非ご来場ください(笑)

おだくらでした。


投稿: おだくら | 2011年3月 8日 (火) 15時46分

おだくらさん、コメントありがとうございます。

自作曲しか伴奏できないてきと~伴奏ピアニスト、ご入用の際は御用命くださいませ。

香港上海銀行でののコンサート、頑張ってください (^^/

投稿: もくりん | 2011年3月 8日 (火) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51456/50988288

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回長崎の演奏家たちコンサート:

« 伊王島大橋、開通間近 | トップページ | ゆめのかたち第258番 »