« ミュジコフィリア - エオリアンハープ考 | トップページ | ゆめのかたち第251~252番 »

2011年2月 2日 (水)

さらに風による楽器考

考え出すと止まらなかったりするんですが、電気を使わないという前提で、こゆのはいかがでしょ?

  • ある方向からの風だけを受け、内部の撥を持ち上げる箱を考える。
  • 風の力を0<A<Bとした時に、Aを超えた時に撥が持ち上がり、Bを超えたら支えが外れて原点に復帰するような仕掛けを作る。
  • A点を下回ったら、持ち上がった高さに応じて復帰する。(強弱をつけるため)
  • それぞれの箱の撥の下には、任意の音高の鉄琴または木琴を置いておく。
  • 箱に入れる音高は、自由に設定可能。(トライアド、ペンタトニック、ダイアトニック、ホールトーンスケール、クロマティックスケール等々、ペロッグとかスレンドロなんてぇのも面白いかも)
  • 複数の箱を色々な向きに設置することによって、風の吹き方で鳴る音や強さが変化する。(台風の中だと鳴りっぱなしかw)

コンピュータプログラムで、風の強さを周期の異なったサインウェーブかなんかで与えて、シミュレーションできそうな気もしますが....

|

« ミュジコフィリア - エオリアンハープ考 | トップページ | ゆめのかたち第251~252番 »

作曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51456/50759133

この記事へのトラックバック一覧です: さらに風による楽器考:

« ミュジコフィリア - エオリアンハープ考 | トップページ | ゆめのかたち第251~252番 »